普段と違う緑の標識。普段と違う緩やかな線形。普段と違う車のスピード。
 ちょっと緊張するけど遠くまで快適に、それが高速道路かも。
 「緑の標識の道路」を基準に、そんな快適な道路たちを実走し、ちょこまかと紹介していこうと思います。

 最終更新: 2018年1月21日
 道東自動車道 区間3下り線(夕張→占冠) を公開。



 このページでの対象となる道路は、「緑の標識」の道路、といった基準で選ぶことにします。
 当初は地域高規格道路以上にしていたものの、北海道外の道路ではその基準は通用せず、自動車専用道路にしてもそれでもちょっと漏れが出そうということで・・・

 レポートは公開順に並んでいます。

 ※表内のデータは現在、完成済の区間について述べています。

01 道央自動車道 道央自動車道
北海道縦貫自動車道(A路線)
探索:07/8/14他
公開:09/05/30
レポートは18部公開済
 延長)397.6km
 起点)[20] 大沼IC(番号は札幌から)
 終点)[13] 士別剣淵IC
 北海道の高速と言えばこの道央自動車道。縦貫道の1つにして未だ進行形。本州とは雰囲気が違うけど、北海道らしいかと言われるとそうじゃないかもしれない。
02 旭川紋別自動車道 旭川紋別自動車道
一般国道450号線旭川紋別自動車道(B路線)
探索:07/03/25 08/03/16
公開:08/08/01
レポートは3+1部公開済
 延長)64.9km
 起点)[11-1] 比布JCT
 終点)[ 7 ] 遠軽瀬戸瀬IC
 はじめは北見峠をパスするために造られた高速道路といった感じだったが、延伸した現在では旭川とオホーツク海側の時間短縮に役立つ。開通区間は現在、3つに分断されている。
03 白鳥新道 白鳥新道
一般国道37号・白鳥新道(自動車専用道路)
探索:07/8/14
公開:08/05/15
1部構成・完結
 延長)2.9km
 起点)室蘭市陣屋町(R37交点)
 終点)祝津ランプ(r699交点)
 R37は室蘭郊外で2つに分岐する。片方は東室蘭の市街地へ向かう一般道、もう片方がこの白鳥新道である。名前からも窺い知ることが出来るが、東日本最大の吊り橋、白鳥大橋がメインだ。
04 深川留萌自動車道 深川留萌自動車道
一般国道233号深川留萌自動車道(B路線)
探索:15/06/21
公開:16/04/25
全3部(完成後4部)
 延長)44.1km
 起点)[8-1] 深川JCT
 終点)[ 6 ] 留萌大和田IC
 1998年に開通して以来着々と延伸しつつある自動車道。暫定2車線の区間が多いが延伸されるにつれ時間短縮効果も増大、便利な高速道路になってきた。
05 札樽自動車道 札樽自動車道
北海道横断自動車道根室線及び網走線(A路線)
探索:08/5/4
公開:10/7/2
4部構成・完結 地図有
 延長)38.3km
 起点)札幌JCT
 終点)[ 10 ] 小樽IC
 1971年に札樽バイパスとして札幌西〜小樽間が完成、1992年に北海道で唯一全線開通している高速道路。40kmに満たない短い延長の中にヤクモノが多く詰まった北海道らしからぬ過密な高速道路である。
06 名名寄美深道路 名寄美深道路
一般国道40号名寄美深道路(A'路線)
探索:15/06/20
公開:15/09/06
2部構成
 延長)22.8km
 起点)[ ] 名寄IC
 終点)[ ] 美深北IC
 かつての名寄バイパスは、美深北IC延伸時に名称変更。道央道に接続予定とされるこの自動車専用道路は道北の拠点都市名寄の市街地を、ついでに美深町の市街地も一気にパスできる。
07 第三京浜道路 第三京浜道路
一般国道466号第三京浜道路(地域高規格道路)
探索:14/06/21
公開:14/07/06
2部構成
 延長)35.4km
 起点)[ 1 ] 玉川IC
 終点)[ 7 ] 保土ヶ谷IC
 1920年代に計画され、1964年の開通当初から6車線にして元都県道という歴史を持つちょっと異色の高規格道路。そして、首都圏の高速道路初挑戦。
08 首都高湾岸線 首都高速湾岸線
神奈川県道・東京都道・千葉県道294号高速湾岸線
探索:14/07/12他
公開:14/09/06
5部構成 西行き完結
 延長)62.1km
 起点)幸浦出入口 横横道路境界
 終点)高谷JCT(仮) 東関東道境界
 首都高の中でも流れと最高速度が最も速い道路の1つ。6車線というハイスペック道路が近未来的風景が広がる湾岸部を、海の上を、時々海の下を突き抜けるのは爽快。
09 首都高 K1横羽線 首都高速神奈川1号 横羽線
神奈川県道・東京都道147号高速横浜羽田空港線
探索:14/08/02
公開:14/12/23
3部構成
 延長)19.7km
 起点)羽田出入口 1号羽田線境界
 終点)石川町JCT
 横浜中心部と東京都心を結ぶ最初の自動車専用道路として開通したこの路線は、今では湾岸線とその役割を分担しながらそれでも多くの交通量をさばいている。
10 首都高11号台場線 首都高速11号 台場線
東京都道首都高速台場線
探索:14/09/13
公開:15/02/04
1部構成 完結
 延長)5.0km
 起点)芝浦JCT
 終点)有明JCT
 湾岸線への交通分散と東京臨海副都心と都心部との連絡を担うために建設されたこの路線はレインボーブリッジに象徴される。渋滞に便乗してゆりかもめからは味わえない東京ビューを堪能しよう。
11 首都高中央環状線 首都高速中央環状線
多数の路線から構成されるので省略
探索:15/03/14
公開:15/04/05
5部構成 内回り完結
 延長)46.9km
 起点)大井JCT
 終点)葛西JCT
 中央環状線、外環道、圏央道の3環状のうち一番乗りで全通した路線。利便性や路線効果もさることながら、23区西側を18100mという長大トンネルでパスするスタイリッシュさも魅力だ。
12 首都高速向島線 首都高速6号 向島線
都道首都高速6号線
探索:15/03/14
公開:15/10/10
2部構成 下り線完結
 延長)9.5km
 起点)江戸橋JCT
 終点)堀切JCT
 都心部の首都高速らしさ溢れる巨大ジャンクションをかいくぐり、隅田川沿いを北上する。東北道、常磐道、京葉道方面への交通が集中するため、全線を通して渋滞多発路線でもある。
13 幌富/豊富バイパス 幌富/豊富バイパス
一般国道40号 幌富/豊富バイパス(ともにA'路線)
探索:15/06/21
公開:15/11/09
1部構成x2 上り線完結
 延長)10.9km+15.4km
 起点)[1]幌延IC/[2]豊富サロベツIC
 終点)[2]豊富サロベツIC/[4]豊富北IC
 一般国道40号豊富バイパスとその南側に直結する幌富バイパスを一挙に紹介する。豊富バイパスは日本最北の自動車専用道路であるが、交通量は少ない上に早くも道路が荒れつつある。
14 首都高K6 川崎線 首都高速神奈川6号 川崎線
川崎市道高速川崎縦貫線
探索:14/07/12
公開:15/12/10
1部構成 上り線完結
 延長)5.5km
 起点)大師ランプ/JCT
 終点)川崎浮島JCT
 現在開通済みの区間は全体を通して京浜工業地帯の一角を見下ろす高架区間の後、川崎市街方面への延伸を見越した地下区間となる。現在の起点大師JCTはなかなかダイナミック。
15 東名高速道路 東名高速道路
第一東海自動車道(A路線)
探索:15/04/18
公開:16/01/01
5部構成(部分公開)
 延長)346.8km
 起点)[ 1 ] 東京IC
 終点)[ 24 ] 小牧IC
 東京と大阪を結ぶ大動脈のうち、太平洋に面した静岡県経由のルートを担当する高速自動車国道。当然日本の高速自動車国道の中でも古参であり、誰もが知っている路線の1つである。
16 新東名高速道路 新東名高速道路
第二東海自動車道(A路線)
探索:15/04/18他
公開:16/03/05
9部構成
 延長)253.2km
 起点)海老名南JCT(仮)
 終点)[ 1 ]豊田東JCT
 東名高速道路を補完する目的で建設された「21世紀の高速道路」。設計速度140km/hとされており、東名高速道路よりも快適な自動車の東西移動を可能にした。
17 首都高4号新宿線 首都高速4号 新宿線
東京都道首都高速4号線
探索:14/09/27 16/04/09
公開:16/06/20
2部構成 下り線完結
 延長)13.5km
 起点)三宅坂JCT
 終点)高井戸出入口/中央道起点
 都心から真西へ走る放射路。緑豊かな赤坂・外苑エリア、高層ビルの立ち並ぶ新宿副都心を抜け、青梅街道上の高架区間を経て中央自動車道へ接続する。
18 圏央道 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)
一般国道468号線、第一東海自動車道(一部)
探索:16/06/05他
公開:16/08/25
18部構成(大栄以西)
 延長)約300km
 起点)釜利谷JCT
 終点)木更津JCT
 「3環状9放射」の最も外側の環状を担う路線。2010年代に入って徐々に放射線同士が繋がるようになり、それとともに都心部の渋滞緩和など価値を発揮するようになったホットな路線。
19 東京外環道 東京外環自動車道
複数路線から構成されるため省略(A路線)
探索:14/09/13
公開:17/01/28
5部構成(既開通区間)
 延長)約70km
 起点)東名JCT(仮)
 終点)高谷JCT(仮)
 都心15キロ圏、おおよそ東京23区の外側をなぞる環状線。2017年度中に三郷南から湾岸線、2020年度に東名から関越が開通する計画であり、首都圏の自動車交通を更に便利にすることが期待される。
20 首都高速神奈川7号横浜北線 首都高速神奈川7号 横浜北線
横浜市道高速横浜環状北線
探索:17/03/18
公開:17/03/25
1部構成(既開通区間)
 延長)8.2km
 起点)港北JCT
 終点)生麦JCT
 「きたせん」の愛称で親しまれるK7横浜北線は港北から新横浜、生麦を結ぶ。2017年開通区間の7割を占める地下トンネル、一大結節点になった港北JCTの橋脚など諸々の構造物は最新の技術展覧会のよう。
21 道東自動車道 道東自動車道
北海道横断自動車道黒松内釧路線/黒松内北見線(A路線)
探索:17/08/06他
公開:17/12/18
11部構成(既開通区間)
 延長)259.1km
 起点)千歳恵庭JCT
 終点)釧路西IC/足寄IC
 北海道の東西を結ぶ高速自動車国道。札幌-道東の所要時間を劇的に短縮したのみならず、日勝、狩勝の代替路として重要な機能を果たす。
22 十勝オホーツク自動車道 十勝オホーツク自動車道
北海道横断自動車道黒松内北見線(A及びA'路線)
探索:17/10/09
公開:17/10/18
3部構成(既開通区間)
 延長)38.3km
 起点)足寄IC(現:陸別小利別IC)
 終点)北見東IC
 道東は十勝とオホーツク管内を結ぶ高速道路。周囲は畑作地帯だったり人口希薄地帯だったりするが、それでも農産物の大規模輸送を支える新たなインフラとして価値を発揮してくれるはずである。

レポートについて

 レポートの内容の流れは「データ」「レポート本編」「感想(+評価)」「関連リンク(サイト内含む)」から成っております。

 道道・国道のデータ取得はWikipediaや他の個人サイトが出典です。Wikipediaは信憑性が怪しい部分がありますのでこのサイトのレポートのデータは参考程度にしておくことをお奨めします。また、NEXCO管理の高速道路のデータは「Highway Walker」などから得ております。

 私の文章は「読みにくい」かもしれません。そこはご理解とご了承をいただければ幸いです・・・。記述されている文章について、間違いなど不適当な部分があれば管理人に何なりとご報告下さい。訂正いたします。また、情報提供も積極的に募集しています。

 評価は、管理人からの観点として項目が5つ+総合評価があります。また、停車場線(〜停車場××線みたいなのは除く)、港線・空港線・インター線など延長が短いものには評価がありません。どれも「バランスがとれている」「走りやすい」「良い名所がたくさんある」などのメリットがあり、「道を目的としても損しない」という道路であれば高い点数となります(険道・酷道・怖道度だけは別ですが)。

 「地域密着型」で地元の道路を攻略する方法をとっているため、地元地域の道路がレポートの中心となっていますが、遠隔地の取材は機会が少なくレポートも少ないです・・・御了承下さい。

 最後に、感想・評価その他文章はあくまで管理人の主観によるものが多く、確実なものでは無いこともあります。

 また、レポート中では幾つかの用語・略語が出現します。恐れ入りますが用語・略語集をこちらで作成するまでは他サイトの同様のページか意味類推かどちらかでお願いします。

蒼の街道 トップへ戻る

inserted by FC2 system